1. ホーム
  2. 添田奈那 / NANA SOEDA

ARCHIVES アーカイブ

添田奈那 / NANA SOEDA

2019.09.05

<プロフィール>
添田奈々

セントラルセイントマーチンズ ファウンデーションコース修了。
アジアにある、枯れた商店街で売るおもちゃやパチモンの商品から影響を受け「チープ」らしさを愛おしく感じるかたわら、様々な理不尽な事柄に憤りや悲しみを感じ、それらをテーマに作品を制作している。
Completed the Central Saint Martins Foundation Course.
Inspired by toys and counterfeit products sold in withered shopping streets in Asia, he felt the love of "cheap" and also resentment and sadness in various unreasonable things. I create works based on these themes.


<作品を作り始めたストーリー>
私は、自分の性別と大人しそうな見た目ゆえ、生活の中で失礼な場面に遭遇することが何度もあります。昔は恥ずかしいくらいに感情をあらわにして怒っていたのですが、年をとるにつれ、どんなにひどいことをされてもヘラヘラとやり過ごすようになりました。
大人になると、感情にまかせて怒ったり泣いたりすることがしづらくなる場面に出会う機会が多く、自然と方法がわからなくなる気がします。
しかし時に、怒らなかったことで大事なものを失ってしまうこともあります。捨ててしまったプライドや色んな後悔は、残念ながら良い記憶よりも強烈に思い出に残るものです。そこで、私自身が感情を出すことが苦手なのであれば、作品で訴えようと考えたのが始まりです。毎日の後悔や理不尽な事柄を思い続けていたら、それから制作する作品のほとんどが絵が怒り泣いています。
I often encounter rude scenes in my life because of my gender and quiet appearance. I used to be angry with emotions before, but as I got older, I began to laugh and forgive no matter how rude the other person was.
As an adult, it becomes difficult to get angry or crying with emotion, and sometimes I don't know how to express those feelings.
But sometimes you lose important things by not getting angry.
Abandoned pride and regrets are unfortunately more memorable than good memories. Since I am not good at expressing emotions, I started thinking about appealing emotions in my work.
If you keep thinking about regrets and unreasonable things every day, most of the works I make are angry and crying.