1. ホーム
  2. 良知慎也 / SHINYA RACHI

ARCHIVES アーカイブ

良知慎也 / SHINYA RACHI

2019.09.25

<プロフィール>
良知慎也

「バランスを保とうとしている、保たれている」ことに焦点をあて、その様子を収集しています。
I am focusing on "what is trying to keep balance and what is kept in balance" and collecting pictures of the situation.

<出展作品の解説>
シャッターを押したそれまでの全ての二つの成り行きが相対した時のそのままの様子と、それを目にした他者の保たれ方や、潜入や放棄までのイメージ。
This is the image of the state as it is when all two events are opposite, the way others keep it when they see it, infiltration and abandonment.

<作品を作り始めたストーリー>
日常で感じていた様々な違和感と、その一部となっている自分自身への違和感を埋める為、言葉を書き溜め始める。
そののち言葉の挿絵に写真を撮り始める。
写真の曖昧さと嘘がつけない手段に肌感が合い、そのまま写真に転向。
In order to fill in the various incongruity that I felt in my daily life and incongruity to myself, I started to write down words.
After that, I started photography for illustrations of words.
I turned to a photographer because I like the way that photos don't lie and that have the ambiguity as well.